別所温泉活性化プロジェクトについて

別所温泉活性化プロジェクトとは

「別所温泉活性化プロジェクト」とは別所温泉の新しいビジョンのもと、地元団体・自治体・教育機関・交通事業者などが一体となって別所温泉ならではの新たな魅力を発見し、県内外の皆様に伝えていくための観光プロジェクトです。

別所温泉の新ビジョン

この場所ならではの価値である

「七苦離(ななくり)」=デトックス(“苦“を祓う)

「大地と太陽の力」=チャージ(“気”や“光”のパワーを取り込む)

を軸にした非日常体験を通じて明日の活力を提供することで心身ともにリフレッシュしてもらえる日本の中でも稀有な“聖地温泉“です。

所属団体

別所温泉観光協会、別所温泉旅館組合、別所温泉自治会連合会、長野大学、 上田市 観光課・交通政策課、上田観光コンベンション協会、㈲信州観光バス、上田電鉄㈱

プロジェクト代表・副代表 挨拶

西島協会長

別所温泉活性化プロジェクトが動きだし早くも3年を迎えようとしております。今までは東京急行電鉄様の力強い協力のもと進めてまいりましたが、今年度よりは我々別所温泉に直接関わりのある者だけで運営することになりました。

今まで以上に地域の魅力の新しい掘り起こしをし、見直し、発見、 開発をし、別所温泉全体での取り組みに向け同志と地域住民と共に思いを一つにし、楽しく暮らしやすい別所温泉づくりを目的に進めていきたいと思います。何卒皆様方の理解、ご協力をよろしくお願いいたします。 温故知新

別所温泉観光協会 会長 西島義一
(別所温泉活性化プロジェクト 代表)

齋藤善哉

三年前より東京急行電鉄、上田電鉄の協力のもと進んできた別所温泉活性化プロジェクト(信州の鎌倉を網羅しつつ、新しい別所 温泉のファンとなりうる層の開拓、宣伝、地域の今ある資材を生かした地域づくり、別所線の活用等を考えるもの)が今年から、我々自身が我々の手でハンドリングし、ブラッシュアップさせ、 別所温泉のコアにしていく正念場を迎えます。

別所温泉にどう浸透していくことができるかは、我々自身のものにいかにしていくかにかかっていると思います。

そのために、観光だけでなく、地域の皆さんが楽しめるものにしていきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

別所温泉旅館組合 組合長 齋藤善哉
(別所温泉活性化プロジェクト 副代表)

今成孝雄

一年前より上田の地で暮らすこととなりました。

この一年、独鈷山から見た塩田平の風景に感動し、別所温泉のそれぞれのお宿の個性に目を見張り、飲食店やお店の暖かさに触れ、外湯や神社仏閣、ため池、松茸、岳の幟、御柱、ああ、書ききれない。

というわけで、これらの資源や、新たな開発商品をどう見せて、どう発信するか!?

皆さまと考えていきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

上田電鉄株式会社 代表取締役社長 今成孝雄
(別所温泉活性化プロジェクト 副代表)

Copyright © 別所温泉活性化プロジェクト All Rights Reserved.